就職では生きていけない日本。なぜFXが新時代を生き抜ける唯一の方法なのか?

かつては「就職=安定」という図式が常識だった日本。

 

大学を卒業して就職した会社に、

定年を迎えるまで勤めあげるのが最も安定した人生でした。

 

しかし近年の日本では就職安定神話が崩壊し、

就職難、リストラなどの問題が取り沙汰されるようになりました。

 

しかも今や物価の高騰や増税などの影響により、

職に付いているにも関わらず、

生活がままならない人が出てくるほど日本の経済は悪化しています。

 

もはや給料という会社から生活費を支給される形ではなく、

自分の力でお金を稼いでいくしかない時代なのです。

 

でも、どうしてFXなの?

 

そう思うかもしれません。

 

確かに自分で稼ぐ手段は大きく分けると2つあります。

 

ビジネスをやるか投資をやるかです。

 

特にビジネスなら、あまり資金を用意することなく始められるとして、

ネットビジネス(アフィリエイトなど)が注目されています。

 

投資にしたって、株、先物、不動産など、

FX以外に沢山種類がありますよね。

 

こんなにも稼ぐ手段はあるのに、

何故FXが唯一の方法だと言い切ることができるのか?

 

それはFXと他の稼ぎ方を比較すれば簡単に分かることです。

 

FX vs ビジネス

 

まずビジネスと比較してみましょう。

 

実業は初期費用だけで数百万~1000万円以上掛かるので

参入障壁が高すぎます。

 

これは言うまでもないでしょう。

 

ではネットビジネスの場合どうなのかというと、

一昔前は「簡単に稼げる」と持て囃されていましたが、

2010年辺りから参入者が爆発的に増えて、

かつて稼げたノウハウやテクニックが飽和して稼げなくなっている状態です。

 

その結果、差別化するためにどんどん知識やスキルが高度化し、

今やネットビジネスで必要とされる実力は、

ほとんど実業をやっている起業家、経営者と変わりません。

 

それを1から勉強し、サイトなどを作成するとなると、

結果が出るまで半年~1年は掛かると考えておいた方が良いです。

 

最初の数ヶ月は無収入の可能性も十分考えられます。

 

それにアフィリエイトで稼いでいる人の平均収入ってどれくらいか分かりますか?

 

実はこんな感じなんですよ↓

アフィリエイト平均収入

 

このデータは日本アフィリエイト協議会という団体が調べた最新の数値ですが、

ご覧の通り、月5000円未満しか稼げていない人が、

全体の90%以上というアンケート結果になっています。

 

これでは専業どころか副業ですら、ほとんどやる意味はないですし、

どれだけネットビジネスで稼ぐことが困難か分かって頂けると思います。

 

 

一方FXは上がるか下がるかを当てるだけのシンプルなゲームです。

 

極端な話をすれば、

当てずっぽうでも50%の確率で勝てるわけです。

 

勿論そんなギャンブルのような方法は推奨しませんが、

ギャンブルとして捉えても、どんだけ勝てる確率の高い勝負なんだって話です。

 

勝つために勉強するにしても、

ビジネスのように人の心を操る技術など高度なスキルは必要ありませんので、

FXの方が余程ハードルが低いといえるでしょう。

 

 FX vs 株

 

では次にFXとその他の投資を比較してみます。

 

まず1番比較されることの多い株ですが、

これはもう論外です。

 

例えば牛丼チェーンのすき家などを経営する、

ゼンショーホールディングスという会社がありますが、

今70億円の赤字とか騒がれて話題になっています。

 

でも、すき家ってほんの2、3年前までは、

牛丼チェーン店の中ではトップだったんですよ。

 

このように業績トップだった大企業が、

たった数年で潰れかけるような事が平気で起きる時代なのです。

 

そんなどこの企業もいつ倒産するか分からない時代に、

わざわざ株を買うとか頭おかしいでしょう。

 

もし会社が倒産して買った株が一瞬で紙切れになったら・・・

 

考えるだけでも恐ろしいですね。

 

 

それに株は始めるのに多くの元手が必要です。

 

よく言われるのは最低100万円ですね。

 

しかし実際は100万程度では少ししか株を買うことができないので、

倍々ゲームで勝ちまくっていく必要があります。

 

でも株ってそんなラクに勝てるほど簡単じゃありませんので、

ある程度負けることも見越しておくと、

数百万の元手が必要になることは容易に想像できます。

 

そもそも株って会社の数だけ存在しますので、

初心者は大量の銘柄を覚えるのが大変なんですよね・・・

 

 

一方FXなら扱うのは通貨ですから、そんな心配はほぼ皆無です。

 

ドル、ユーロ、ポンドなどのメジャー通貨を覚えていれば十分ですし、

この辺りの国が倒産するなんてことは、まず起きないでしょう。

 

もしアメリカやフランス、ドイツなどが倒産なんてしたら、

世界情勢が大変なことになりますからね。

 

全世界が結託して阻止します。

 

 

必要な資金についても10万くらいあれば始めることが可能です。

 

FXにはレバレッジという便利なシステムがあって、

手元に10万しか無くても残りの90万をFX会社が負担してくれるので、

少ない軍資金でお手軽に始めることができるのです。

 

尚且つレバレッジを大きくすれば、

その分大量の通貨を売買することができるので、

大きく稼げるチャンスもあるというわけです。

 

 FX vs 先物

 

では先物取引や不動産の場合どうなのかというと、

まず先物はFX同様レバレッジシステムがありますが、

変動幅が凄く大きいので漬けた資金以上の負債を抱える可能性があります。

 

つまり借金を抱えるということです。

 

先物を分かりやすくいえば、

暴れ馬に乗るようなものだと考えれば良いでしょう。

 

乗りこなせればカッコイイが(大きく稼ぐことができるが)、

失敗したら大怪我をする可能性もあるって意味です。

 

事実、同級生の会社が先物に手を出して倒産してました。

 

ですので先物は挑戦するにしても、

まずFXで投資に慣れてからチャレンジすることを強くおすすめします。

 

勿論FXでも負ければ資金は減っていきますが、

先物ほど大きな値動きはありませんので、

借金を抱える可能性は、ほぼありませんからね。

 

「でもFXのノウハウを先物にも活かせるの?」と思うかもしれませんが、

相場というものは値動きの原理原則は同じなので、

FXで培った知識やスキルをそのまま活かすことができます。

 

なのでまずは参入障壁の低いFXから挑戦すると良いです。

 

ちなみにFXは株や先物に比べて、

値動きが素直で分かりやすいというメリットもあります。

 

そういう観点から考えても、まずはFXでスキルを磨いてから、

他の投資に挑戦した方がラクだと言えますね。

 

FX vs 不動産

 

最後に不動産に関してですが、空室や災害のリスクがあります。

 

ですが物件は簡単に手放すこともできないため、

一度資金を漬けると、すぐには現金化できません。

 

つまり他の投資のように失敗したらすぐにキャンセルしてやり直す

ということができないのが最大のデメリットなのです。

 

また、不動産投資は利回りがあまり良くないのも特徴です。

 

FXならレバレッジによって少ない資金でも大きく稼ぐことが可能ですが、

そもそも不動産は毎月の家賃収入がメインですので、

収入を増やそうと思ったら契約する不動産を増やすしかないわけです。

 

この辺も地味にデメリットかなと思います。

 

 まとめると・・・

 

FXは低資金でも始められる。

でもレバレッジというシステムによって大きく稼ぐことも可能。

 

扱うのが通貨なので株のように紙切れになる心配がない。

そして株のように銘柄を覚えることをしなくて良い。

 

他の投資に比べて値動きが分かりやすい。

ビジネスほど高度な知識やスキルが必要ない

 

という、とっても魅力的な投資であり、

自分で稼ぐ力を身に付けるにはFXが最も最適なのです。

 

 

ただし、FXも損失のリスクはある投資であることは忘れないで下さい。

 

世間の「主婦がFXで破産しました」的な報道は、

「FXは人生を狂わせる危険なもの」という誤解を招くので好きではありませんが、

そういう人間が稀に存在するのも事実です。

 

しかし、それはちゃんと勝つための知識を身に付けないから破産しただけであって、

しっかりトレードスキルを磨けばFXは全然危なくないし、

億万長者になることだってできる魅力的な世界です。

 

それをしっかり理解してもらって、

FXで新時代を生き抜くための知識を身に付けてもらえればと思っています。

 

当サイトは、そのための全てを載せています。

 

では続いてFXで最短最速で稼ぐための手順を抑えておきましょう。

 

FXで最短最速で稼ぐ5つの手順