おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

移動平均線のSMAとEMAを使って相場分析してみよう

以前、テクニカル指標の基礎的な話はこちらでしましたが↓

テクニカル指標の種類と基礎知識

 

以上を踏まえまして、

今回は更に1つの指標に絞って詳しく解説したいと思います。

 

 

今回、取り上げるのは「移動平均線」です。

 

英語だとMoving Averageと呼ばれるものですね。

 

略して”MA”と呼ばれることが多い、この移動平均線ですが、

トレンド系に属されるテクニカル指標で、

いくら初心者でも、これくらいは知っているであろう、

最も有名で馴染みのあるテクニカル指標の1つです。

 

 

単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、

修正移動平均線(RMA)、加重移動平均線(WMA)など、

いくつか種類があり、

これらは平均を出すための計算方法が違います。

 

 

名前がややこしくて、種類も多いので、

混乱するかもしれませんが、

勿論、これらを全て使いこなせるようになる必要はありませんので、

安心して下さい。

 

今回はこの中からSMAとEMAをピックアップして、

実際にどのように使うのか?

 

その使用例を2つ、ご紹介したいと思います。

 

 

まずはSMAを2つ使用した分析法です。

 

これは非常にシンプルで、

長期での移動平均と、短期での移動平均を用いて、

短期が長期を下に抜いたら売りで攻め、

短期が長期を上に抜いたら買いで攻めるというものです。

 

例えば、20期間の移動平均と、

5日間の移動平均を表示させたものがコチラです↓

移動平均線

 

赤色の移動平均線が20期間で、白色が5日間になります。

 

この時、黄色と赤色で丸をつけたポイントに注目して欲しいのですが、

こういうポイントが売りと買いの圧力が逆転する重要なポイントとなります。

 

そして短期の移動平均線が、

長期の移動平均線を上に抜けたポイントをゴールデンクロス、

(黄色で丸を付けたポイント)

 

逆に短期の移動平均線が、

長期の移動平均線を下に抜けたポイントをデットクロス、

(赤色で丸を付けたポイント)

 

と呼びますので覚えておいて下さい。

 

 

で、このクロスしたポイントについてなんですが、

よく巷ではゴールデンクロスを買いのサイン、

デットクロスを売りのサインなどと解説しています。

 

が、個人的にはサインとして利用するのはおすすめしません。

 

 

前回の記事でも書きましたが、

テクニカル指標は相場分析の補助として使って欲しいのです。

 

ですので、クロスしたポイントでそのままエントリーするのではなく、

あくまで売りと買い、どちらを主体で攻めるのか、

長期足で方向性を確認するために使用して下さい。

 

 

エントリーポイントに関しては、

短期足に切り替えて探していくことをおすすめします。

 

でないと、クロスしたポイントでエントリーしても、

逆行するときは容赦なく逆行しますので(苦笑)。

 

 

 

さて、続いては2つ目の使い方です。

 

こちらは200期間のEMAを使います。

 

と言っても大して説明することはなくて、

表示させてみて、長期足を見てみて下さい。

 

200期間移動平均線

(黄色い線が200期間EMA、日足です)

 

すると、こんな感じで、

EMAを境目にして売りと買いの圧力が入れ替わっていると思います。

 

つまりEMAより上側なら買い主体で攻める、

下側なら売り主体で攻めるなどという判断が出来るわけですね。

 

まぁ画像の赤丸を付けたポイントのように、

すんなり戻って来ちゃってるポイントもあるかと思いますが、

あくまで大体の方向性を認識するために使うだけですから、

これで十分なのです。

 

 

以上で移動平均線を使った、

相場分析の解説を終わります。

 

しつこいですが、

テクニカル指標は相場分析の補助として使用して下さいね。

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す