おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

ウィリアム・D・ギャンが確立したピラミッディングという手法のやり方と注意点

こんにちはライムです。

 

今日はピラミッディングという手法についてお話します。

日本語だと「利乗せ」とか「乗せ商い」と呼ばれるものですね。

 

この手法を確立したのはウィリアム・D・ギャンという人物で、

使い方によってはリスクを抑えつつ、

利益を最大化できる強力な手法です。

 

ただし、僕が推奨している短期トレードでは、

なかなか実践しにくい手法なので(出来なくはないですが)、

チャレンジする時は長期足でのスイングトレードがメインになることを、

念頭に置いておいて下さい。

 

 

では、具体的なやり方について説明しましょう。

 

ピラミッディングとは、トレンドフォローでエントリーした時に、

為替相場が自分にとって有利な方向に動いた場面で、

更にポジションを追加していく手法のことをいいます。

 

例えば、最初に10ロットでエントリーして、

利が乗ったら次は5ロット追加して、

更に含み益が出たら3ロット追加して・・・

 

という風にやっていくわけです。

 

 

勿論、この時にリスクを低減するために、

いくつか抑えておくべき注意点があることを忘れてはいけません。

 

・追加のタイミング

・追加する数量

・ストップの位置

 

これら3つに注意しておかないと、

逆に大きな損失を出してしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

 

まず、ポジションを追加する時のタイミングについてですが、

これについてギャンは、直近高値(抵抗線)をブレイクした時点で、

追加することを推奨しています。

 

画像で補足すると、こんな感じ↓

ピラミッディング1

 

直近の高値をブレイクするということは、

更にトレンドが伸びていく可能性が高いわけですから、

当然といえば当然ですね。

 

 

ただ、個人的にはこっちもアリかなと思っています↓

ピラミッディング2

 

押し目を作ってラインで反発し、上へ伸び始めた時点での、

ポジション追加です。

 

僕はトレンドフォローを仕掛ける際には、

ラインで反発した第2波を狙えと言っていますが、

その応用的な感じですね。

 

これらのどっちでポジションを追加するかによって、

ストップを設置する位置も変わってきますが、

それはまた後で解説するとして、

 

続いて「追加する数量」についてです。

 

新たにポジションを追加するときは、

次第に追加する数量を減らしていくようにして下さい。

 

これはギャンが、

「相場は有利に動くたび、それ以上有利に動く可能性は減っていくのだから、

追加建玉は次第に減らしていくのが安全な方法である」

と言っているように、

 

トレンドはいつか終了するわけですから、

損失のリスクを抑えるためには当然のやり方です。

 

この方法でないと、せっかく積み上げた含み益を、

全て吹き飛ばしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

 

勿論、このやり方でも途中でトレンドが逆行すれば、

損失が出てしまうかもしれません。

 

そこで重要なのが、

3つ目の「ストップの位置」です。

 

ピラミッディングでは、ストップの位置は固定ではなく、

ポジションを追加するごとに変更していきます。

 

具体的な位置については、

ギャンはポジションを追加したポイントに、

ストップを置くように言っています。

 

こうすることでストップがセンサーのような役割を果たし、

ストップに到達した時点で利益が確定する、

という仕組みになっているわけですね。

 

 

ただ、ポジションを追加したポイントからは、

ある程度余裕を持たせてストップを置く場合もあります。

 

これはトレンドが終了したと見せかけて、

継続するようなパターンに対応するためですね。

 

例えばこんな感じです↓

トレンド継続1

 

この場合、ブレイクポイントでポジションを追加し、

そこを更にストップポイントにすると、

すぐにストップに引っ掛かってしまいます。

 

だからストップを押し目の下に置くのです。

 

 

ただ、この場合、

今度は追加したポジションの損切り幅が大きくなってしまいますよね。

 

そこで僕が紹介した追加ポイントでのポジション追加です。

 

あれなら押し目の下にストップを置いても、

損切り幅を小さくすることが出来ます。

 

 

ただ、追加のタイミング自体は、

どちらも一長一短ですので注意して下さい。

 

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す