おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

アジア時間、ロンドン時間を味方につけたトレード方法

こんにちは、ライムです。

 

僕は常々、手法やテクニックよりも、

相場環境の認識が重要だと言っています。

 

それは何故かというと、手法やテクニックは、

それを活かせる相場環境があってこそ役立つからです。

 

 

例えば、手法には大きく分けて、

順張りと逆張りの2つがあるわけですが、

レンジ形成中に順張りを仕掛けてもダメですし、

逆にトレンド形成中に逆張りなんて仕掛けたら大損します。

 

このことからも分かるように、相場環境をしっかりと認識し、

その流れを味方につけるから手法やテクニックは活きてくるわけです。

 

 

でも、何か手法を実践するときに味方にできるのは、

何も相場環境だけではありません。

 

実は、もう1つ僕らの大きな味方となってくれる仲間がいるのです。

 

 

それは何かというと、”時間”です。

 

 

FXは基本的に24時間市場が開いていて、

アジア時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間などがあるんですが、

それぞれの時間帯ごとに値動きの特徴があるので、

それを味方につけることで、より勝率の高いトレードが実践できます。

 

 

では具体的に説明しましょう。

 

まずアジア時間ですが、

アジア時間とは東京市場などが開いている時間のことで、

8時から18時までのことを指します。

 

まぁざっくりと朝から夕方くらいまでと捉えてもらえれば良いですが、

この時間帯は一方方向への値動き、

つまりトレンドが発生しにくいという特徴があります。

 

ですので、この午前中や昼間にトレードする場合は、

レンジ環境下でのトレードがメインになりますので、

逆張り主体で攻めると良いです。

 

 

逆にロンドン市場が開く、16~17時くらいからは、

トレンドが出やすくなるので、

トレンドフォローで攻める方が勝ちやすくなります。

(夏が16時からで、冬が17時からです)

 

これはロンドン市場は最も取引高が多いので、

値が動きやすくなるためです。

 

特に18時まではアジア時間とも重なっていますので、

トレンドの発生率は高いですね。

 

 

そして最後はニューヨーク市場が開けて、

1日の相場が終わるわけですが、

 

ニューヨーク時間は日本時間でいう23時からですので、

ロンドン時間と重なる23時~24時は最もトレンドが出やすくなり、

順張りには絶好の相場環境となります。

 

 

ただし、1つ注意が必要なのは、

この時間帯は経済指標も発表されることが多いということです。

 

場合によっては、

突発的に数十pipsから100pipsくらい動くこともあります。

 

勿論、動いた方向が狙い通りなら良いですが、

逆行すると大損することになりますので、

この時間帯のトレードは慎重にやるようにして下さい。

 

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す