おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

テクニカル指標の種類と基礎知識

テクニカル分析を行うなら、

テクニカル指標を使いこなすことは必須条件です。

 

ですが、テクニカル指標って相当な数がありますし、

全てを把握するには骨が折れますよね。

 

 

でも大丈夫です。安心して下さい。

 

そもそも全てのテクニカル指標を覚えて、

使いこなす必要なんて全然ありませんから。

 

 

勿論、1つの知識として持っておくのは大変素晴らしいことですし、

知っておくことで、いつかどこかで活かせるかもしれませんから、

常に勉強はするべきです。

 

ただ、これが実際に使用するとなると話は別で、

いくつものテクニカル指標を駆使して相場を分析したところで、

その分析の精度や、実際の勝率には大して影響しないことが、

データで分かっていたりします。

 

ですのでテクニカル指標は、

とりあえずは数個使いこなせれば、

それで十分ですし、

 

同時にテクニカル指標は、

あくまで”相場環境を分析するための補助に過ぎない”

ということを忘れないでほしいと思います。

 

 

テクニカル指標に頼りきって相場を分析したり、

エントリーのシグナルとして使用していたのでは、

勝ち続けることは不可能ですし、

 

仮に一時的に勝てていたとしても、

相場環境が変わると途端に勝てなくなったりしますので、

注意しましょう。

 

より的確に相場を分析したければ、

何より自分の目を養う、相場感を鍛えるということを意識して下さい。

 

勝ち続けたいなら、自分の実力を磨くことが、

一番の近道です。

 

 

・・・というのを前置きした上で、

テクニカル指標を使った相場分析についてお話していこうと思います。

 

今回は基礎的な話です。

 

まずテクニカル指標には大きく分けて2種類あります。

 

・トレンド系指標

・オシレータ系指標

 

の2つです。

 

これらに加えて一部の指標を、

ボリューム系指標というカテゴリに分ける場合もありますが、

今回は上の2つで解説します。

 

 

2つの違いは何なのかというと、

トレンド系は順張り系指標ともいって、

文字通りトレンドの方向性を示すために作られたもので、

 

代表的な指標だと、

移動平均、ボリンジャーバンド、HLバンドなどがあります。

 

 

一方、オシレータ系は逆張り系指標とも呼ばれ、

トレンド転換の位置を計ったり、

今の価格が過去と比べて高いのか低いのかなどを

調べるために使用されます。

 

こちらも代表的な指標をいくつか挙げると、

ATR、MACD、ストキャスティクスなどがあります。

 

 

これらはトレンド系、オシレータ系と分けられてはいますが、

実際は順張り、逆張りのどちらで攻めるにしても、

両方を組み合わせて分析することになります。

 

例えば、このブログの逆張り攻略にカテゴライズされている記事でも、

ボリンジャーバンドを使った逆張りの手法を書いていますので読んでみて下さい↓

 

逆張り攻略の記事はこちら

 

ボリバンはトレンド系の指標ですが、

逆張りでも使うことが出来る訳ですね。

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す