おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

スパイクという優位性を味方につけたエントリー

こんにちは、ライムです。

 

相場の流れをローソク足チャートを使ってチェックしていると、

頻繁に見かける”ある”ものがあります。

 

何だか分かりますか?

 

 

それは”ひげ”です。

英語ではスパイクと呼ぶものですね。

 

 

このスパイクは、ほぼ必ず出来るといって間違いないですが、

だからといって蔑ろにして良いわけではありません。

 

時にスパイクは相場環境を認識する上で、

重要なサインを出している場合があるからです。

 

 

では、どんな場合が重要なサインなのかというと、

それは長いスパイクが発生した時です。

 

長いスパイクというのは、

その足が形成される時間の中で、

売りと買いの圧力が逆転したことを意味しています。

 

つまり分かりやすくいうと、

その後、相場が反対方向に行くことを暗示した、

シグナルである可能性が高いということです。

 

 

その特徴を利用した、トレンド転換での逆張り手法は、

逆張り攻略のカテゴリーの中で解説していますので、

ぜひ読んでみて下さい↓

トレンド転換での逆張りエントリー方法

 

 

また、記事の中ではスパイクのみをサインとして、

トレンド転換で逆張りを仕掛けていく方法を解説していますが、

他にも長いスパイクが発生した時の反発の力を利用する方法はあります。

 

例えば、ギャップ(窓)と組み合わさった場合です。

 

ギャップは基本的に埋められるというのは、

以前こちらの記事で解説した通りですが↓

ギャップを利用したエントリー方法

 

その優位性に加えて大きなスパイクも発生した場面では、

より勝率の高いトレードが可能となります。

 

 

画像を使って補足しましょう。

 

ギャップとスパイク

 

このようにギャップが発生した時の相場を引き寄せる力と、

スパイクが発生した時の反発する力を上手く利用するわけです。

 

しかも画像の場合、アップトレンドからのギャップ+スパイクなので、

3つの優位性により非常に買いの圧力が強いですから、

勝てる可能性はかなり高いです。

 

 

他にも例を出しましょう。

 

レンジスパイク

 

このように長期足レンジの上限や下限でスパイクが発生した時も、

高確率で勝てる絶好のチャンスですね。

 

以前、レンジ上限、下限からの短期足トレンドフォローについては解説しましたが、

こっちはスパイクの優位性が味方についているため、

より勝てる可能性が高いトレードになります。

 

短期足がレンジなら逆張りでも狙っていけますね。

 

 

要は、このように僕が過去お話したことに色々組み合わせて、

より勝ちやすいポイントを探してみて欲しいのです。

 

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す