おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

長期足レンジブレイクアウトでの短期足トレンドフォロー

こんにちは、ライムです。

 

前回はトレンドフォローを仕掛ける時の、

長期足の相場環境についてお話しました。

 

 

短期足でトレンドフォローを仕掛けるのに適した、

長期足の相場環境には3つ種類があるんでしたね。

 

・レンジ上限または下限

・レンジブレイクアウト

・明確なトレンド環境下

 

の3つです。

 

そして前回は1つ目の、

「レンジ上限または下限」からの、

短期足トレンドフォローについて詳しく解説しました。

 

まだ読んでない場合は、目を通してください↓

トレンドフォローを仕掛ける時の長期足の相場環境①

 

 

 

さて、今回はその続きで、

2つ目の「レンジブレイクアウト」からの短期足トレンドフォローについて、

解説していきたいと思います。

 

これは長期足でレンジがブレイクアウトした場面を、

短期足でチェックしてトレンドフォローを仕掛けるという意味で、

 

長期足レンジ3

 

このような場面を短期足でチェックしていきます。

 

すると、長期足では1本の線しか出ていない場合でも、

短期足では既に波形を描いていることがあるので、

後は別の記事でお話したように第2波を狙っていくだけです。

 

レンジブレイクアウト拡大

 

こんな感じでエントリーできる場所を探していくことになります。

 

 

この時の注意点を挙げておくと、

レンジのブレイクアウト後は一度戻ってきてトレンドを形成する場合がほとんどなので、

長期足レンジでのブレイクアウト後の戻しに注意して下さい。

 

画像で分かりやすく説明すると、

 

長期足レンジ4

 

このような戻しに注意して下さいってことです。

 

長期足での戻しである分、見た目的には僅かな動きに見えても、

実際の値はかなり動いていることになりますので、

大きな損害にならないように長期足は常にチェックしましょう。

 

また以上のことから、

長期足レンジのブレイクアウト第1波を狙う時は、

トレンドに乗っても早めに一度利確することをおすすめします。

 

せっかく得た利益を長期足の戻しで全て失ったのでは、

何の意味もないですからね。

 

 

ちなみに長期足でこのような戻しがあった場合には、

通常のトレンドフォローと同じように、

ラインでの反発を確認後、短期足でエントリーポイントを探すと良いです。

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す