おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

トレンドフォローを仕掛ける時の長期足の相場環境

こんにちはライムです。

 

僕はトレンドフォローをする場合、長期足の相場環境を認識して、

短期足で仕掛けていく方法を推奨しているわけですが、

 

では具体的に、長期足がどのような状態なら、

トレンドフォローを仕掛けていっても良いのでしょうか?

 

今回はその辺の疑問を解決していきたいと思います。

 

 

ちなみに全て説明するのは、かなり長くなるので、

恐らく3回くらいに分けることになると思いますが、

ご了承下さい。

 

 

ではいきましょう。

 

短期足でトレンドフォローを仕掛けられる長期足の相場環境は、

大きく3つに分けることができます。

 

・レンジ上限または下限

・レンジブレイクアウト

・明確なトレンド状態

 

この3つです。

 

で、今回はこの中から、「レンジ上限または下限」からの、

短期足トレンドフォローについて解説していきたいと思います。

 

 

「レンジ上限または下限」から短期足でトレンドフォローを仕掛けるとは、

長期足がレンジ環境下であるとき、

サポート・レジスタンスラインの跳ね返り部分を短期足でチェックして、

トレンドフォローが狙える場所を探していくということです。

 

画像で分かりやすく説明すると、

 

長期足レンジ

 

このように長期足がレンジを形成しているときに、

レンジの上限または下限(反発ポイント)を、

5分足や15分足などの短期足に切り替えてチェックするわけです。

 

すると例えば、短期足はレンジになっていたり、

トレンド転換ポイントになっていたりするので、

今までお話したことを意識しながら、

トレンドフォローで狙っていくという具合です。

 

レンジ下限を短期足で見た場合のイメージ図↓

トレンド転換とレンジブレイクアウト

 

上がトレンド転換の場合で、

下がレンジからブレイクアウトした場合ですね。

 

 

ちなみに何故こんなことが成り立つのかというと、

長期足ではレンジを形成していても、

短期足で見るとトレンドになっているからです。

 

つまりは短期足は長期足の一部分を、

虫眼鏡で拡大して見ているようなイメージですね。

 

画像で補足すると、こんな感じになります↓

長期足レンジ2

 

 

それから1つ注意しておくと、

レンジの途中で短期足でのトレンドフォローを仕掛けるのはいけません。

 

例えば、

長期足レンジ途中

 

このような状態の時に安易に下に行くだろうと考えて、

短期足でダウントレンドを狙うのは危険だということです。

 

こんな場面で仕掛けていく人は、

そもそもレンジについて何も理解できていません。

 

何故、「レンジの上限と下限を狙おう」

と言っているのか考えてみて下さい。

 

 

レンジとは売りと買いの力が拮抗している状態で、

明確な方向性が出にくいわけですよね?

 

それはつまり、ラインにぶつかれば、

反発する可能性が高いことを意味しています。

 

と同時に、方向性が決まっていないわけですから、

いつ向きが変わるかも不明確なのです。

 

つまり、さっきの画像でいえば、

そのまま下にいくかもしれませんし、

上に反転するかもしれないわけですね。

 

そりゃ運良く下に行けば良いですが、向きが反転した場合、

いくらレンジといっても、長期足のレンジとなると、

軽く反転しただけで100pipsとか200pipsなど、

大きな値幅になってきますので大損する可能性があり危険です。

 

だから長期足がレンジの場合は、

上限と下限でのみ仕掛けていく必要があるわけです。

 

覚えておいて下さい。

 

 

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す