おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

トレンドフォロー(順張り)の定義

こんにちは、ライムです。

 

逆張りについての記事を一通り書き終えたので、

今度はトレンドフォロー(順張り)のやり方について書いていきたいと思います。

 

 

逆張りの記事でも同じことを書いたんですが、

相場で勝ち続けるのに大切なのは、手法よりも相場環境です。

 

その手法がハマる相場環境でなければ、

どんな勝てると評判の手法やテクニックを学んだって無意味なのです。

 

そこら辺をトレンドフォローにおいても、

常に意識しながら学んでいってもらえたらと思いますので、

よろしくお願いします。

 

 

では、まずは基礎からということで、

「トレンドって何?」ってところから学んでいきましょう。

 

 

”トレンド”という単語を聞いて、

どんな波形をイメージしますか?

 

恐らく、

 

トレンドフォロー1

 

このような形ですよね。

 

勿論、これは正解で、

こういった波形を描いている相場をトレンド相場と呼びます。

 

が、しかしですね、

重要なのはココからです。

 

 

では、どのような条件を満たしていたらトレンドと呼ぶのかを、

具体的に言葉で説明することができるでしょうか?

 

 

 

・・・と聞くと、

多くの人が戸惑ってしまうものなんですよね。

 

しかし、トレンドの定義を理解しておくのは重要なことで、

それは何故かというと、

実際の相場で上の画像のようなキレイな波形を描くことは絶対に無いからです。

 

そりゃ~こんなキレイな波形で相場が動いてくれたら、

トレンド転換やレンジへの移行も簡単に見分けることができるし、

エントリーだって困りません。

 

でも現実問題、そんなのあり得ないわけですから、

ボヤッとしたイメージではなく、

どういう条件を満たしていればトレンドなのかをちゃんと理解しておくことで、

トレンド相場とトレンドではない相場を明確に分けることができ、

トレンドフォローを仕掛けるべき局面を見つけ出すことができるのです。

 

 

さて、ではこれらを踏まえた上で、

具体的に言葉で説明すると、どうなるのかお話しましょう。

 

 

例えばアップトレンドを一言で説明すると、

 

“高値と安値が切り上がっている限りアップトレンドである”

 

と、なります。

 

長々と引っ張った割にはシンプルです(笑)。

 

 

これはダウ理論と呼ばれる、

チャールズ・ダウという人が提唱した理論の中で言われている定義なんですが、

これだけだと分かりにくいと思いますので、

最初に出てきた画像で更に説明を加えましょう。

 

トレンドフォロー2

 

このように直近の高値と安値を更新して、

切り上がっている状態がアップトレンドです。

 

(ちなみに言うまでもありませんが、

ダウントレンドの場合は高値と安値が切り下がっている状態になります。)

 

 

さて、となると逆に、

高値と安値が切り上がってない状態とは、どんな状態なのか?

という話になりますが、

 

例えばコレです↓

トレンドフォロー3

 

この画像では直近の高値を更新せず、

安値も切り上がっていませんので、

この場合、アップトレンドは1回終了したと見なされます。

 

勿論、この後にアップトレンドが継続する可能性もありますが、

取り敢えずトレンドは途切れたことになります。

 

で、この後どう動いていくかを、

あの手この手で分析していくわけですが、

それは今回の記事の趣旨とはズレるのでまた今度お話します。

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す