おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

トレンド転換を狙った逆張りの基本

こんにちは、ライムです。

 

それでは今回も逆張りをマスターするために、

必要な知識を書いていきたいと思います。

 

今回はレンジに引き続いて、

逆張りを狙える2つ目のポイントである、

“トレンド転換”について基礎基本を抑えていきましょう。

 

 

まず大前提として伝えておかなければならないのが、

トレンド転換を狙った逆張りは、

難易度が高く、注意が必要だということです。

 

何故ならトレンドの転換を狙うということは、

相場の流れに完全に逆らう形になるからです。

 

ですので、トレンド転換を狙った逆張りをマスターするのは、

後回しで良いかと個人的には思っています。

 

まずはレンジでの逆張りになれて、

しっかり利益を出せるようになることを優先して下さい。

 

 

ただ、少しでもエントリー出来るポイントは多い方が良いので、

慣れてきたら、ぜひチャレンジして欲しいとは思います。

 

勝率があまり高くない分、

ハマれば大きく利益を取れる可能性も高いので。

 

 

と同時に、勝率が高くないことを分かっている以上、

少しでも勝率を上げる工夫が必要になります。

 

何にも対策を立てないまま突っ込むのは、

ただのバカですから、絶対やめて下さい。

 

「相場はギャンブルではない」ということは、

過去に何度も伝えてきたことです。

 

 

さて、では以上を踏まえた上で、

具体的には、どのような工夫をするのか?

 

1つは「短期足のみのトレンド転換を狙っていく」です。

 

まぁこれは勝率を上げるというよりは、

リスク回避と呼んだ方が的確かもしれません。

 

トレンド転換を狙った逆張りは、

トレンド方向とは逆にエントリーするわけですから、

保有時間が長くなればなるほど逆行するリスクが高まるのは、

言うまでもありませんよね。

 

そこで短期足に特化することで、

ポジションの保有時間をなるべく短くしようという作戦です。

 

具体的には5分足や15分足が良いと思います。

 

 

そしてその時に、もう1つ抑えておいて欲しいポイントがあります。

 

できれば「トレンド転換する方向が長期足のトレンド方向と一致している」

状態の時を狙ってエントリーして下さい。

 

長期足と短期足を比較した場合、

トレンドにしろ、ラインにしろ、

”長期足で出ているものの方が優先されやすい”というのは常識ですよね。

 

つまり、短期足でトレンドが転換しそうな時、

転換する方向が長期足のトレンドと一致していると、

そっちの圧力の方が強いので、より転換する確率が高くなるのです。

 

「 そこを狙ってエントリーしていこう」という話です。

 

 

ただし、こちらは絶対条件ではありません。

あくまで”長期足のトレンド方向と一致していることが理想”

というレベルの話をしています。

 

じゃないと長期足のトレンド方向と一致しているポイントだけ探してたら、

かなりエントリーできる回数が絞られてきますからね。

 

でも一致している方が、

「勝率は高い」ということを覚えておいて下さい。

 

そう考えると、

最初の方で難易度が高いので後回しで良いと言いましたが、

 

最初の慣れないうちは、

運良く長期足のトレンド方向と一致している転換ポイントを見つけたら、

挑戦してみるといった感じが勝率が高くて良いのかもしれませんね。

 

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す