おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

損切りラインを決める2つの要素

損切りラインは適当に決めてはいけません。

 

これは他の記事でもお話しことがあることですが、

では、どうやって損切りラインを決めれば良いのか?

という疑問が出てくることでしょう。

 

そこで今回は損切りの決め方について詳しくお話していこうと思います。

 

まず損切りはエントリーする前に決めて下さい。

これは絶対です。

 

なぜならポジションを持った段階で、

すでに冷静な判断が出来なくなってしまっているからです。

 

ポジションを持ったら絶対、焦りや不安や恐怖などの感情が湧いて、

損切りしなければいけないポイントで損切り出来なかったり、

逆にまだ損切りしなくて良いポイントで損切りしてしまったりします。

 

でも損切りには、その時々で適切なポイントがあって、

早くても遅くてもダメなのです。

 

だから損切りを決める時はポジションを持つ前に、

論理的に導き出した答えを元に決める。

 

このルールを絶対守って下さい。

 

じゃあ、その答えをどうやって導き出すのか?

という話ですが、それは主に2つあります。

 

「①相場の状況」と、

「②自分の精神」から判断するのです。

 

これはどっちかを満たしていれば良いのではなく、

両方から判断しなければいけません。

 

まず①から説明しましょう。

 

といってもこれは特に難しい話はしてなくて、

簡単に言えば、

自分の予想が外れたと判断できるポイントに損切りラインを置けってことです。

 

だってエントリーする時は当然ですが、

相場を分析して勝てると思ったポイントを狙いにいくわけですから、

「ココを越えたら自分の予想は外れている」といえるポイントも見えるはずです。

 

そういうポイントをエントリーする前に予め見つけておきましょう。

 

例えば、トレンドからのレンジ相場を抜けた時、

トレンドが継続すると予想してエントリーしたとしましょう。

 

となれば損切りをしなきゃいけないのは、

当然、トレンドが継続すると判断できなくなった時ですね。

 

ここまで分かれば、

あとはトレンド継続かどうか分からなくなるポイントを分析して、

損切りラインを置くだけです。

 

お分かり頂けたでしょうか?

 

 

続いて「②自分の精神」について解説します。

 

FXは精神が安定している状態でトレードしないとダメです。

 

つまり、どれくらいの損失なら自分が冷静でいられるかを

きちんと把握しておかないといけません。

 

例えば、1万円までなら失っても冷静でいられるなら、

損失が1万を超えない範囲で損切りラインも決めないとダメだといえます。

 

この許容できる最大損失額が決まった時点で、

損切りを置くpips数やエントリーするロット数が初めて決まってくるのです。

 

例えば、1ドル100円の時に10ロット買うとすれば、

10pipsで1万円を失うことになってしまいますね。

 

ってことは損切りラインは、

10pips以内で置かなければいけないことになります。

 

ここで①のように損切りするポイントを相場から調べて、

10pipsでは許容できるpips数が少な過ぎる場合、

ロット数を下げて調節するわけです。

 

仮に5ロットに下げれば、

最大20pipsまで損切りラインを下げることができますよね。

 

ここで注意すべきは、

当たり前ですが許容できる最大損失額を変えないってことです。

 

仮に最大損失額を2万まで上げたとすれば、

10ロットのままでエントリーすることが出来ますが、

これじゃ今まで説明してきたことが何も意味を成さないことは分かると思います。

 

こういう自分で決めたルールすら守れない甘い人間は、

いつか大損する日が必ず来ます。

 

FXの世界では自分で決めたルールは絶対守って下さい。

 

 

役に立ったらSNSでシェアお願いします↓

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す