おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

FX相場でのトレンド転換を狙ったエントリー方法

今回はFX相場でのトレンド転換の見極め方について解説します。

 

トレンド転換を見極めるのは基本中の基本ですし、

出来るようになるとエントリーチャンスが増えるので、

絶対マスターしましょう。

 

まずは下の図を見て下さい。

トレンド転換

 

この図はダウントレンドからレンジ相場を経て、

アップトレンドにトレンド転換した図ですね。

 

ここでまず初心者が注意すべきなのは、

レンジ相場を抜けたあと、すぐにエントリーしてはダメだということです。

 

レンジがブレイクしたように見えても、

ダマシで戻ってくる可能性があるからです。

 

例えばこんな感じで↓

トレンド転換のダマシ

 

ちなみに、このようにダウントレンド継続の場合は、

エントリーするなら②の赤丸のところです。

 

勿論、このようにならず、

レンジの下に引いたラインで反発する可能性もあります。

 

 

基本的にトレンドからレンジになった時は、

トレンドが継続する可能性の方が高いわけですから、

安易にトレンド転換したと判断してはいけません。

 

トレンド転換を見極める時に注目すべきポイントは、

レンジに変わる前のラインをブレイクアウトするかどうかです。

 

トレンド転換

 

図でいうと赤色の矢印があるところを注目するわけです。

 

あそこから引いたラインをブレイクした段階で、

初めてトレンド転換の可能性を考えましょう。

 

但し、これも可能性があるだけで、予期せぬ動きをすることもありますから、

エントリーをするときは図にもあるように、

1回戻ってきてからの返しを狙ってエントリーしていくと良いです。

 

右にある赤丸のポイントですね。

 

で、図には2つパターンありますが、

これはつまり、上下どちらのラインでも反発する可能性があるってことです。

 

このようにレジスタンスラインとサポートラインが

切り替わることはよくあるので覚えておいて下さい。

 

それから実際には、

ラインまで戻らずに反発する可能性もありますので、

これも合わせて覚えておいて下さい。

 

まぁどっちにしても反発を確認してからエントリーするわけですから、

あんまり神経質になる必要はありません。

 

トレンド転換での見極めは、

トレンドが転換したと”確信”した時点でエントリーするのがポイントです。

 

転換したか分からない時はエントリーしない。

 

ちなみに図はかなりシンプルなパターンなので、

実際はもっとレンジ相場が長かったりしますが、

あくまで注目するポイントはレンジが発生する前の反発ポイントなので、

それさえ覚えていればトレンド転換の見極めはそんなに難しくないと思います。

 

 

役に立ったらSNSでシェアお願いします↓

おすすめFX口座ベスト3

GMOクリック証券のレビュー
2年連続で世界取引高第1位を獲得している人気NO.1の業者。管理人もメインで使っている口座です。
DMM.com証券のレビュー
世界取引高第2位でGMOとトップを争っている業者。個人的には取引画面が見やすい所がおすすめ。
SBI FXトレードのレビュー
業界で最も狭いスプレッドを提供している業者。実はスワップもかなり高く業界トップクラス。

コメントを残す